会社概要 Profile

ごあいさつ

  • 概要概要
  • ごあいさつごあいさつ
  • 企業理念企業理念
  • タカノ建設Historyタカノ建設History

今から100年近く前の大正8年5月20日(1919年)、当社の前身阪口組が土木建築請負業として富山の地で創業しました。以後、阪口工業株式会社、タカノ建設株式会社と社名を変更し今に至っております。この間、タカノ興発株式会社、タカノホーム株式会社等の設立を経て、現在の「住まいづくりから都市空間づくりまで」をキャッチフレーズとしたタカノグループを形成することができました。このように進化成長できましたのも、長年にわたりご支援いただいたお客様、お取引先様、地域の皆様のおかげと心から感謝申し上げます。

当社は「ひと・まち・みらい」をテーマに、企業活動を続けています。私たちの存在意義は、いい仕事を通じお客様に喜んでいただき、人とまちの幸せづくりに貢献することです。公共事業(土木・建築)、オフィスや工場、医療福祉施設、マンションや宅地造成、商業店舗、エクステリア、不動産賃貸管理など、私たちの活躍する事業フィールドは多岐にわたります。住む、育む、働く、癒す、集う、楽しむ、運ぶ・・・私たちは人がいきいきと豊かに生活するために欠かすことができない大切なステージを創っています。それゆえ、私たち自身の仕事に使命感と誇りを感じ、技術や人間力を磨いていかなければならないと考えています。品質マネージメントシステム,エコアクション21、リスクアセスメント活動の推進、各種資格取得の推進,社会貢献活動など、様々な取り組みを通じ、期待される技術者集団となれるよう地道に努力を重ねていきます。

これからも私たちタカノ建設は、真摯と謙虚を胸に、「創造」への挑戦、「誠意」ある貢献、「堅実」なる成長を信条に「次の100年も続くキラリと輝くいい会社」をめざし、地域社会に貢献できる存在であり続けたいと考えています。

代表取締役社長 髙野 二朗

ページトップ